何から取り組む?

働き方改革スタートガイド

働き方改革を始める第一歩に

イントロダクション

働き方改革は
「特別な取り組み」ではありません。
企業の経営戦略そのものです

従業員のニーズをとらえた取り組みが企業の成長のカギ

少子高齢化により労働人口が減少し、優秀な人材を確保することは年々難しくなっています。
また、子育てや介護をしながら働く人が増えるなど従業員の働き方のニーズも多様化していくことが予想されています。

人材の確保が困難な中、さまざまなライフステージの従業員が働く環境をつくることは、企業にとってノウハウの蓄積や採用コストの効率化にもつながります。


働き方改革で企業/組織のイノベーションを実現する

市場には多様な商品があふれ、消費者のニーズも多様化している現代。
今後企業が生き残るためにも、このような変化に対応しうる事業の発展が必要になります。

多様な人材が活躍し、多様な意見が生まれる環境をつくることで、
業務の生産性や創造性が向上します。


働き方改革とは、
働く人一人一人の目線に立った取り組みから、
社会の変化に対応しうる企業の風土をつくり、
企業のイノベーションを実現する取り組みです。
取り組みの積み重ねこそ、大きな成果を生み出します。


事業主のみなさま、こんなお悩みありませんか?

ぜひ、ご相談ください

働き方改革の取り組み、機運づくり風土づくりはこちら

相談先

いわて働き方改革サポートデスク

  • ・「働き方改革」って何から始めていいか分からない
  • ・他社での取り組み事例を知りたい
  • ・従業員がもっと働きやすい職場にしたい

など

働き方改革の実行に向けた「就業規則・賃金規定等の見直し」などはこちら

相談先

岩手働き方改革推進支援センター

  • ・非正規の従業員の処遇改善を考えたい
  • ・就業規則や賃金規定の見直しをしたい
  • ・助成金の利用について相談したい
  • など

労働時間や休暇制度等、働き方や休み方の見直しをしたいときはこちら

相談先

働き方・休み方改善コンサルタント

  • ・三六協定の締結・届出(限度時間数)について知りたい
  • ・フレックスタイム制・裁量労働制の導入を検討したい
  • ・パートタイムの年次有給休暇について相談したい
  • など